<< かもめ食堂 (2006) | main | Jack Penateに恋をする >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ギルバート・グレイプ (1993)
評価:
ジョニー・デップ,ラッセ・ハルストレム,ジュリエット・ルイス,レオナルド・ディカプリオ
オリジナルのタイトルはWhat's Eating Gilbert Grape。
(What's Eatingって何を指してるんだ???)

主演は若かりし頃のジョニーデップ。やっぱりかっこいいね。最近の彼は正直、? だけど。。 脇役陣も豪華で、特筆すべきはディカプリオ!障害を持つ少年を熱演しています。この映画のディカプリオの演技は、なんだかすごく迫ってくるものがある。やはし、いい役者だな。
この映画、昔一回見たことあったんだけど、今回見たら印象が全然違った。というか、前回見た時の記憶があまりない。記憶力悪すぎるからな、私。。

主役のギルバートを見ていて思ったのは、
ああ、 八方塞がり ってこういう状態のことをいうんだな…ってこと。。

お父さんは突然自殺しちゃって、お母さんは太り過ぎで立ち上がることもままならなくて、介護が必要な障害者の弟がいて、ギルバートは子どものなかで唯一の稼ぎ頭。。しかも、家はアメリカの超ド田舎で、一度も街の外へ出たことがない…悲惨。。。。

けど、そんな中で、なんの柵もないベッキーに出会うことで、ギルバートは自分が八方塞がりでどこにも進めないことに気付いてしまって揺れ動くんだけど、それでも彼は心の優しい人だから、家族を見捨てるなんて、考えられない。。

ああなんていいやつなんだギルバート…(涙)

ギルバートの家族への目線は、終わりになるにつれてより一層愛情深くなっていって、それがまた、すごく泣ける。。
そして、他の役者の演技もすごくいい。

久しぶりに、素直に感動できる映画だった。
| Films | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:54 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://surreal-thing.jugem.jp/trackback/8
トラックバック